公共通信営業部

鹿児島県日置市様

クリックで拡大表示
  • 基地局:62局
  • 再送信局:60局
  • 戸別受信機:約22,000台

日置市合併前の旧4町では、それぞれ防災行政無線や有線放送等を利用していたが、日置市として自治公民館コミュニティの充実のため、地域コミュニティ無線設備を平成26年度より導入しました。自治会行事の放送や、自主防災組織での訓練等々の放送で活躍しています。特に戸別受信機の時計表示は住民の方々に好評をいただいております。地域コミュニティ無線は、自治会組織が連携を図っていくこと、また市からの情報発信の機器として大変重要な設備であります。今後も日置市と芝浦電子工業が連携して、機器の管理や強化に努めて行きたいと思っております。(日置市総務課防災係より)

熊本県大津東区様

system_ootsuhigashilクリックで拡大表示
  • 親局:1式
  • 屋外拡声子局:2式
  • 戸別受信機:370台

区長の声:「自分は自衛隊時代に様々な現地に行き指揮を取ってきたが、今回のような事態は初めてだった。震災直後から区民をしっかりまとめることが出来たのは、この放送設備が動いたお陰だ。」
「あの日(4月14日)は本当に寒かった、雨も降っていたし。もし失敗していたら(放送がなかったら)死者が出ていたかもしれない。うちは高齢の方が多いからね。」
「屋内スピーカー(戸別受信機)を設置していなかったので、支援物資の案内が届かず、近所の人(戸別受信機を設置されてる方)が支援物資を持ってきてくれた。周りの人に迷惑をかけた。」
「防災行政無線屋外拡声子局からの放送は屋外の為、聞き取りづらく、屋内スピーカー(戸別受信機)を早くから設置しておけば家の中でも防災行政無線放送が流れるので、設置しておけばよかった。」